スマートフォンの履歴から援交がばれるならその履歴を消せばよい?

エッチ目的の若い女の子と出会える無料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

SWEET LINE

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な清楚系女子が多い
  • 真面目な女の子に援交サイトとして好まれている

満足度

98

愛カツ

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望の若い女子が多い
  • ちょっと暇つぶしなJKJC女性に人気

満足度

96

CANDY

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 気軽な10代に好まれる

満足度

94

即会い出来る有料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

ピュアアイ

  • エッチOKの若い女性に人気!
  • SEX期待大!即会い希望女子多いからアプローチが鍵
  • すぐに支援できる人は有利
  • 有料ポイント制

満足度

97

PC☆MAX

  • 性に寛容な10代多し
  • 即会い希望のHな女子が集まる
  • 大人の魅力をアピールで出会い率アップ!
  • 有料ポイント制

満足度

95

援交がなくならないのは大人の責任です。
18歳未満の女の子と援交をした!
こんな恥ずかしいニュースが実名報道で頻繁に報道されています。
大人の地位のある人たちがどんどん人生をどん底に落としてしまっています。
女の子たちに責任があるのではないです。
責任があるのは大人たちです。
女の子たちはまだまだ子どもなのです。
しかし彼女たちと援交をする男性は常識をわきまえた分別のある大人です。
そして援交をしてしまう女の子をしっかりと教育できなかったのも大人です。
高校生にもなれば多少は分別もつくでしょう。
でも小学生や中学生の場合はものごとの判断がなかなかつきません。
本当はお金が目的でなくても形的には援交になるようなケースであっても大人の責任です。
全ての男性が援交をしなければ、女の子たちは買い手がいないのです。
そういった世界になれば自然と援交など消滅するはずです。
しかし現実は援交がいつまでもなくなりません。
ニュースにとりあげられることも多いなっている。
その理由は援交をしたい男性が増え続けているからです。
お互いが同意しているからいいじゃないか!と開き治る男性もいるでしょうが、やっていることは売春ですから犯罪に間違いはありません。
援交をしている人は犯罪者であり、いつ逮捕されるかわからないです。
補導されてスマートフォンの履歴から捕まることがとても多いのです。

一回三万円、未成年者の援交はこれからも無くならないでしょう

だまそうとする大人がいるから援交はなくならない!
援交は18未満の未成年者の少女と肉体関係を持つことをいいます。
逮捕される男性ののほとんどは「18歳未満の未成年者にみだらな行為をした」という淫行条例違反で逮捕されるが多いです。
18歳以上の女性と金銭のやり取りをしてSEXした場合もあるでしょう。
これは「援交」よりも「売春犯罪」という言葉のほうがしっくりきます。
援交は18歳未満の少女と肉体関係を持つことという認識は大勢の人が持っているでしょう。
にもかかわらず、援交をする少女の数はまったく減る事はなく増加の一途です。
少女たちの話によると「自分の意思で援交にはしったのではない」と主張します。
おとなが絶妙なトーク術を使いまくって話を持ちかけるのが原因となっています。
報酬が一回で30000円ほどになるので病みつきになります。
そして一度やってしまうと何度でも援交に依存してしまうようになります。
短時間で大きなお金を稼ぐことができます。
それは自分の身体を売っている売春婦として稼いだお金です。
こういったことに後々になって少女たちは気づき苦悩してくるしみます。
おとなが誘わない限りこういったことは起こらないのです。

隠語を駆使して小中学生の援交の誘いが活発な出会い系サイトたち

005援交をなくすのは大人の責任としてやらなければならない。
「援交には関心がない」とか「援交をするつもりなどない」という男性が大部分だと思います。
しかしながらニュースや新聞などでご承知のとおり、援交で補導される女の子や逮捕される愚かな男性も後を絶ちません。
今や中学生や小学生でもネットを利用する時代なのです。
援交を希望する男性を探しやすいサービスも氾濫しています――そんな環境に残念ながらなっています。
その結果、ついつい流されてしまって援交をする男女が増えてしまうのは当然なのでしょう。
とりわけひどい状態になっているが<出会い系サイト>です。
掲示板をみたら隠語を使ってバレないようにして援交を希望する男性を探している書き込みが多いです。
年齢層がどんどん下がっていて以前の十歳代後半から中盤へ年齢層が下がっています。
中学生や小学校の高学年にまで援交が拡大しているから驚きです。
援交を誘ってくる女の子に原因があると批判するコメンテーターもいますが間違っています。
大人の男性が女の子の身体をお金で買うことに原因があるのです。
そして「援交は売春だから犯罪行為だ!」と教えることができない親や教師の責任でしょう。

可愛い若い女性とセックスするのが男のロマン、でも危険がいっぱい

私自信の見解として、男性は女性に適わないかと思います。
身体的には男性の方が、当然勝っています。
けれど、肉体面では勝っていても、精神面において、女性は男性に比べて強いです。
オス同士が力を見せ付け合うのは、女性に好感を抱かれるため、オスが必要以上に自分を大きく見せたがるのは、同じく女性にモテるため・・と解釈すると、男性は女性に支配されているといっても過言ではないと私は感じます。
そのため、援交などで、若い女性から「私を抱いて」と言われれば、喜んで便乗したりしてしまいます。
得に若い女性が大好きな男性は多いですから、お金を支払いセックスできるのであれば、喜びあがるでしょう。
しかし、現実問題、援交は犯罪ですから、してしまうと後後面倒な事になります。

社会的地位や性病の問題を抱えてしまい、人生に大きな泥を塗る可能性も無くはありません。
女性に支配される男性であっても、法律を犯してしまう女性に従う必要はありません。
きっぱりと断る勇気が必要になりますよ。
ここで1つの質問をしてみますね。
若いピチピチの未成年の女性で、物凄く可愛くてエロティックな女子高生がいたとします。
彼女は制服を着ていて、スカートからスラッと伸びるカモシカのような足を組み、あなたに質問します。
「私を抱いてくれますか?
○○万円でです」とです。
さて、ここであなたはYESと答えますか?
NOと答えますか?
もしも、YESと述べた人がいるのであれば、少々先の未来を考えて見ましょう。
人生は一瞬の油断が命取りだったりします。
電車の中で痴漢に間違われて人生を棒に振る、美人局の被害にあって大金を奪われる、というように、ちょっとした油断が大損を招く事も少なくありません。
女子高生による質問は、同じく今後の人生を左右する、瞬間だと解釈して貰っても構いません。
それでも、あなたはYESと答えますか?
良い訳ないでしょう。
NOと答えた人は、今の気持ちを大切にして人生を歩んでいって下さい。
きっと、YESと述べた後には、夢のようなセックスが待っているかもしれませんが、あなたはNOと答えました。
あなたは自分の感情を抑える事ができる大人であると言えます。
既婚者ならば配偶者や子供、今勤務している大切な職場を失う可能性から免れる事ができました。
これからも、同様にNOと言える気持ちを大切にしていって下さいね。

過去の援交体験と向き合う女性たちの消したい過去

援交を克服した経験を話してあげて欲しいです。
「男性側の援交体験談」や「どれぐらい稼げるのか」などの経験談や情報などはネットでも多く見つかります。
しかし、援交を克服した方法や、そのあとどのようにして立ち直るかに関しての話はほとんどないです。
多分、思い出すのも嫌なんでしょう……まして文章にするのなんて勇気がいると思います。
援交している女の子に対して援交経験がない人間が説得しても伝わらないです。
けれども、かつて援交経験がある女の子の発言は伝わりやすいと思います。
、援交していても「何かの切っ掛けがあったら辞めたい」と考えている女の子は多いでしょう。
辞めてたいと思っていても踏み切れないのは「男性が優しくしてくれるから」とか「簡単にお金を稼げるから」という魅力がありからだと思います。
援交をしていてトラウマになっているけれどもは立ち直ってまともな生活をしている人もいるでしょう。
そんな立ち直りの経験を伝えることで共感して貰えるのではないでしょうか?
それがキッカケで援交を辞める決心をする女の子もでてくると思います。
援交をしてしまって自分の心に深い傷をつけてしまった。
でも「はしっかりとした目標がある」とか「は勉強に頑張っている」とかを教えてあげてください。
そんな言葉があれば、もっと自分自身を大切に考えてくれるでしょう。
自分自身の暗黒な過去の援交体験をカミングアウトしたくない人も多いでしょう。
しかし、あなたのように人生を後悔するような女の子をひとりでも少ないようにしてあげて欲しいと思います。

携帯電話やスマホの普及によって援交が確立された便利道具の副作用

携帯電話の普及によって援交というシステムが確立されてしまいました。
20年ほど前の時代では学生で携帯電話を持っているのは極めて少なかったでしょう。
けれども今はほとんどもっています。
高校生は当然ですし小学生でも持っていても不思議ではないです。
中学生の場合は9割以上が携帯電話の所有者であるという統計があります。
電話をしてコミュニケーションを深める程度ならば大きな問題には発展しません。
いつでも話ができるというメリット部分は大きいです。
しかし問題はインターネットに簡単に接続できることです。
ネット上にはさまざまな情報が氾濫しています。
中には援交を誘ったりするようなウェブコンテンツもあるのです。
「出会い系サイト」や「BBS掲示板」や「SNSサイト」です。
こういったサイトを利用して援交をしてくれる男性を一本釣りするのです。
学生ならばアルバイトすればいいじゃないか?……なんて思っていますが家庭の事情でそれができない場合もあります。
でも援交ならば2時間程度で30000円ほど貰えるのです。
時給900円程度のアルバイトよりも遥かに効率がいいです。
だから援交の世界に踏み出してしまうのです。
こんな援交に興味を示している女の子もいるでしょう。
でも次のようなことをしっかりと理解してください。

  • 人生を台無しにしてしまうこと
  • 自分の身体を売る売春婦になるということ
  • 犯罪行為であること

援交なんて誰にでも自慢できることではありません。
人間として恥ずべき最低の行為です。

子育ての失敗か?コツコツ稼ぐことができない甘やかされた若い女性達の援交

世の中の基本はお金と、性欲と食欲です。
食べるためにお金を稼ぎ、モテるためにお金を稼ぎます。
援交の女性側はお金が欲しいために体を売り、男性側はセックスするためにお金を出します。
援交は、なんとも汚い人間の世界だとも言えますね。
そもそも、援交をしている人は当然の如く、体を売っているかと思いますが、冷静に考えると物凄く悲しい行為です。
親から貰った大切な体をお金に変える・・・という行為がです。
働くのも体を売るという屁理屈を捏ねたくなる人もいるかもしれませんが、労働をするのと体を売るのはまったく別次元です。
セックスのリスクは、良いお歳になったのであれば、理解できているかと思います。
性病や妊娠のように、今後の人生に影響を与えるだろうリスクがセックスにはあります。
例えば、性病で有名なエイズは、必ず命を落とすとは断言できなくても、一生薬を服用する生活が必要になります。
当然、薬なので副作用もありますし、後悔しても誰も治して挙げる事はできません。
一方、お金というのは援交ほどで無くても、働けば入手可能です。
労働の代価に支払われる給料は、とても達成感があり、今後の人生を生きて行く勇気だって貰えるのです。
楽して稼いで何が悪い?
そんな事を述べる人がいますが、お金意外の幸せって普通にあるんです。
例えば、同じ収入だとしても、やりがいのある仕事と、そうでもない仕事をしているのでは、どちらが幸せでしょうか?
おそらく、前者のやりがいのある仕事が幸せを感じる職業でしょう。
夢を追っかけている自分って物凄く素敵で、鏡を見ても本当に清らかな顔をしているんです。
援交で楽して稼いだ自分を鏡で見てみてください。
まだ、若いというのに金に汚い顔になってきていませんか?
若い子ならば、お金を必要以上に持つ必要は無い筈です。
色々と夢を叶えるために、投資が必要なのだとしてもバイトをして、コツコツと溜めれば可能です。
まだまだ時間が沢山用意されているのですからね。
援交は絶対にしてはなりませんよ。
また、援交で買う側の大人の男性でありますが、本当に頭を冷やして下さい。
若い子は同じ年代の子とセックスした方が絶対幸せかと思います。
未成年のお方が良しと言ってるのだから良い?
いえいえ、それに便乗したらいけないでしょう。
大人は大人、未成年は未成年と時間を過ごすのが、私は良いかと思いますよ。

若い女性が援交で稼いだあぶく銭は心身共にダメにさせる麻薬のようで

援交をしても良い事はないので辞めるべきです。
結構なお金を簡単に稼げるから……これが援交の世界に入るきっかけです。
男性の相手を2時間程度すれば30000円ほどのお金が入るのです。
こんな割りの良いアルバイトはないでしょう。
それ以上のお金を稼げることあります。
そんな場合はソフトSM・拘束プレイ・顔射・ごっくん……そんな変態チックなプレイを強いられるでしょう。
それをリスクと考えているギャルも多いです。
けれども、そんなことよりも、もともと援交をしていることがリスクです。
援交経験があるだけで、心に大きな傷として残っていて後悔している女の子は数え切れないでしょう。
自分の身体を売っている売春婦ですから一時的にお金は稼げます。
しかし日本では売春行為は法律に違反していますし、援交は自分の身体を大切にしていない証拠です。
援交をしていても、それだけで一生の生活が保障されるわけではないです。
援交で稼いだ<あぶく銭>のことを忘れることができないでしょう。まるで麻薬中毒のように…。
そうなるとまともな就職をしてもその給料に納得することはできません。
最終的にデリヘル・ホテヘル・ソープランド・ファッションヘルスの風俗店で働くことになってしまいます。

若い少女の体が欲しいオジサンとお金が欲しいその娘たちはいつまでも存在するでしょう

若い頃にオイタをしていた人も、殆どは幸せを見つけて暮らしていたりします。
中にはオイタが原因となって、人生を破滅の道へと突き進んでしまった人もいますが、多くのお方が何かしらの幸せを掴んでいる物です。
日本は学歴社会や年功序列など、色々厳しい問題も抱えていますが、本当のどん底にまでは落ちにくい社会システムであったりします。
日本で食べる物がなくて困っている・・・という人は、確実に小数派ですからね。
それはさておき、、オイタをしていても幸せを掴んだ女性Aさんの体験談を紹介しますよ。
女性Aさんの若い頃のオイタは、援交でした。
当時時給800円程度のバイトをしていた女性Aさんですが、友人からの誘いにより始めた援交の収入に魅力を感じて、日常的におっさんとセックスするようになったのだと言います。
元々、遊ぶお金が欲しいう不純な動機よりも、貯金を増やしたいという健全な理由で援交を始めたÅさんでしたが、危機感は得に感じなかったそうです。
援交のリスクは性病、詐欺、警察に御用などがありますが、Aさんは運よくどの危険も回避できたと言います。
Aさんに犯罪をしている自覚はなかったのか?
と感じる人もいるかもしれませんが、Aさんはおっさんと自分は持ちつ持たれつだから、問題ないと正当化していたようです。
私の体が欲しい叔父さんと、お金が欲しい私、誰も損はしないし、誰も不幸にならない・・・そのように考えていたようです。
最初は援交を斡旋してくれるサイトに、マージンを支払い相手を見つけていたといいます。
しかし、しばらくしてマージンが惜しくなり、直談判で援交の交渉をするようになったのだと言いますよ。
本当にAさんの行動力は凄いですね。
おそらく若さによるエネルギーなのか、Aさんの性格に寄るモノなのかはわかりませんが、何かと参考になる部分がありますね。
当然、援交はいけませんけどね。
Aさんは現在、子供を持ち夫を持ち、幸せに暮らしています。
援交から得られた貯金は、結婚生活に一役買っているだとか・・・。
Aさんの体験談を読んで、援交に興味を持ってしまった人はいませんよね?
援交は絶対にしてはいけません。
Aさんは誰にも迷惑を掛けないという理由から、援交を日常的に続けていました。
けれど、Aさんの親やお爺ちゃん、そして援交した男性側の親族が、援交をしている事知ったら物凄く悲しむでしょう。
バレなければ良し!
という考えは、犯罪者の理論である事は否めません。

女子小中学生の援交が無くならないのはその報酬の高さか

援交をしてしまう理由と背景について考えてみましょう。
近頃は中学生や高校生でも二十歳前後に見える少女も多いです。
中には小学生でもメイクをする子がいますから……。
身長も高くスタイルも良くって発育もいい女の子が多いです。
身につけているものもブランド品であったりします。
外見だけでなく内面のそうです。
いろいろな情報が簡単に手に入る時代であることが少女に大きな影響を与えてます。
インターネット・テレビ・雑誌でもいろいろな情報が溢れかえっています。
低俗な情報がまったく隠されずに出ています。
10歳代前半の女の子が見る雑誌でもSEXに関係する記事が特集されたりしています。
援交の方法がお金を稼ぎ出す方法としてネットに公開されたりもしています。
援交によって自分の欲しいブランド商品を購入しようとする女の子が増えているのdせう。
効率よく援交をするために「完全無料」の出会い系サイトを利用したりします。
そうすれば複数の男性と援交ができるから効率がいいのです。
一度、援交の世界に足を踏み入れると金銭感覚が麻痺します。
小学生、中学生にとって3万円はとても高額な報酬・お小遣いです。それが病みつきになり援交の世界から逃げ出せなくなってしまうのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ